ふらっとドライブ、今度は南房総だ!

KAIの最中にPSPのバッテリーが切れてしまい、ACアダプタつないでも充電できなくなってしまって、なんとなくむしゃくしゃしてそのままドライブを決行!!
出発したのは深夜2時。
行き先は、最近寒くなってきたので、南方面ってことで、南房総に決定。
まずは、最近よくドライブのときにお世話になっている漫画喫茶「自遊空間」の君津店を目指す。
水戸から国道51号を通り、成田を抜けて国道16号で千葉を抜け、そのまま君津まで。
漫画喫茶に着いたのは午前6時。

ここで、仮眠しようと店内に入ると、横になれるマット席が満席。
席が空くまで車内で待っていますと店員に告げたのだが、さすがに眠くなってしまい、結局、後部座席を半分倒して寝袋を敷いてそのまま車内で仮眠。(^^;
3時間くらい寝て、そのまま国道127号線を南下し、そこからは海沿いの道の駅めぐりをしようと走っていると、なんとも怪しい看板を発見。
「夢のカレー」「日本一うまいカレー、忘れられない味。」
なんともうさんくささがぷんぷん漂っている。(笑)

それでも、いい加減腹も減っていたので、そのまま店内に入ってみると、薄暗い地味~な店内、一昔前の定食屋って感じの雰囲気。
店員は、店長と思われるおじいさんと、お手伝いなのか遊びに来てるのか良くわからないおばあさん2人の3人。
客は私だけだったし、これは失敗したかな~と思ったが、出てきたカレーは思っていたよりはずっと美味しかった。
ポークカレーの中辛を頼んだのだが、甘さと辛さが丁度いい。
最初に口に入れると、具材を煮込んだ独特の甘さが広がり、あとから辛さがじんわりと効いてくる感じ。
また、付け合せにと出してくれた生タマネギのスライスがシャキシャキっとしておいしい。
昔住んでいた調布にあったカレー屋でも、付け合せにタマネギスライスが出てきたのだが、カレーと生タマネギって、思っていた以上に合うね。
これはぜひ自宅でも試してみようかな~と。
ま~、さすがに日本一かと聞かれると「いいえ、普通です」と言わざるをえないが、家庭で作るカレーのちょっと美味しい版って感じの味です。
これを食べるためだけに南房総まで行こうとは思いませんが、近くまで来たら寄ってみようと思うくらいには美味かった。

・夢のカレー
〒299-1901
千葉県安房郡鋸南町元名1030
(JR保田駅より徒歩5分)
℡0470-55-1335


カレーを食って、腹も一段落したところで、本来の道の駅めぐりスタート。
きょなん、富楽里とみやま、とみうらとめぐり、そこから大房岬という岬の展望台へ。
さらに海沿いを南下し、館山城跡に登り、洲崎の灯台にも登り、南房パラダイス、白浜野島崎の道の駅を経由し、野島崎灯台、ちくら・潮風王国の道の駅と来たところで、そろそろ夕飯の時間。
なんか食べるものは無いかと見回していたら、東京の友人から電話。
仕事が終わったら、うちに遊びに来るとのこと。
そんなわけで、夕飯は後回しにして、水戸に帰る途中の取手で友人と合流することに。

ここからは、そのまま海沿いを走りながら、ローズマリー公園、鴨川オーシャンパークの道の駅を横に見つつ、国道128号海沿いに走り、勝浦、大原、白山と北上。
ここまできて、海沿いを行くのには九十九里有料道路を通らなければならいないようだったので、そこを避けて国道128号を内陸部へ向けて北上。
実は、有料道路のすぐ脇に、一般道もあったので、そっちを通ればよかったと後から知るのだが、とりあえずは128号で東金を抜け、そのまま千葉方面へ。
国道16号へ出て、そのまま柏へ抜け国道6号へ、そして取手に着いたのが午後9時くらい。友人は、30分前くらいに着いていたようだが、ま~気にせず彼を拾って国道6号を北上し水戸へと帰りました。

今回の走行距離は、約500km弱、燃費計の針は18.1km/ℓを指していました。
ま~、普通に長距離走れば、カタログ燃費くらいは出る車みたいですな、うちのエアウェイブは。
それにしても、今回は灯台やら展望台やら城跡やらで、上り下りが激しかったせいで、ちょっと筋肉痛気味です。
ドライブだけじゃなくて、十分運動にもなったかな?(^^;
次は、今回走り損ねた九十九里浜沿いの道をドライブしてみたいなっと。

| | Comments (362) | TrackBack (0)

夜の筑波山

今日は、会社が終わってからふらりと筑波山までドライブしてきました。
さすがに山頂までってわけには行きませんでしたが、適当に車で登って高いところから見た夜景はなかなかでしたよ。
夜の山道は、ヘッドライトのおかげで対向車は発見しやすいんだけど、道自体が見づらいのが怖い。

ちなみに、片道1時間半、往復3時間。
車を降りたのは、夜景を見た5分くらいかな。(^^;
あいかわらず燃費は18km/ℓくらい。
よ~走ってくれますわ、うちのエアウェイブちゃんは。(笑)

家に帰ってきてからKAIに接続したんですが、どうしても1名だけエスタっちゃって、結局チャットだけして終わりでした。(^^;
次の機会にはぜひ一緒に遊びたいですね~。>AD-Sさん、LEI-LEIさん、raseraさん

ま~、今日は軽く訓練所で遊んで終わります。(^^;

| | Comments (1337) | TrackBack (0)

新潟旅行2日目

新潟旅行2日目は、お約束で漫画喫茶のPCで行き先探しから。
せっかく新潟まで来たので、まずは日本海を見に行くことに。
なんとな~く地図とにらめっこして、行きやすそうな道を目で追っていくと、見慣れた地名を発見。
その名は柏崎。
なんだかテレビ見ててよく柏崎原発って聞いたな~と。(笑)
んで、そのあとは水戸に戻る方面に奥只見ダム、奥只見湖ってのがあったのでそこに寄ってみよう。
さらにそこから帰る途中4~50kmくらいのところに尾瀬があるらしいので、そこに寄ってから福島、栃木経由で水戸に帰るって感じで動くことに。

まずは柏崎。
朝の7時くらいに南魚沼の漫画喫茶を出て、柏崎に着いたのが9時過ぎくらい。
しか~し、何やら海を目の前にして交通規制にはまった。
何かと思いきや、ちょうど柏崎マラソンなるイベントが行われるとのこと。
近くにあったSAVE ONってコンビニで中華まん(太田焼そばのれん会監修太田焼そばまん)を買って、そこの店員のおじちゃんに「海を見るにはどっち行けばいい?」って聞いて、言われた通りにに規制を迂回して、柏崎港の北側の番神海水浴場ってとこへ。
ここは、海に突き出した岩場に小さな祠と鳥居があった。
せっかくなので、革靴なのは気になったが、岩場に行ってみることに。
岩場に来てみたら、そこから見る水の綺麗なこと綺麗なこと。
今まで関東近辺で行ったことのあるどの海水浴場より水がきれいだった。
さっきネットでちょっと調べてみたのだが、平成17年度の環境省発表の最高ランクの水質AA「きわめて水質が良好な水浴場」として選ばれた海水浴場とのこと。
う~ん、どおりで。
きれい海を見ながら、コンビニで買った焼そばまんを気持ちよくいただいたあと、奥只見へ向かう。

途中で、道の駅「越後川口」を発見。
ここがまた随分と混雑していたのだが、どうにかこうにか駐車すると、無料で「あぐみ汁」とかいうのを配ってた。
大根・ごぼう等の野菜、豆腐にきのこに餅のようなすいとんのようなものまで入って超具沢山。
薄めの醤油味で、熱々でうまうま。
朝ごはんを食べてなかったので、汁を2杯いただき、100円で売っていた「魚沼産コシヒカリ」の新米おむすびを買って朝ごはんに。

そのまま奥只見ダムに向かったのだが、奥只見シルバーラインなる気持ち良さそうな名前の道を通るも、途中からず~~~っと長~~~~いトンネル。(^^;
しかも、道幅も狭目で観光バスを先頭に微妙に渋滞気味。
それでもどうにかダムに到着したら、そこは人と車の山、山、山。
ま~、紅葉狩りには最高の時期の3連休だけにしょうがないかな~。

ちなみに、ここは奥只見ダムのダム湖で、日本一の貯水量を誇る人造湖らしい。
尾瀬を源流とする只見川をせきとめたダム湖なのだが、支流のいくつかの川に沿って指を広げたような複雑な形を形作っている。
ダムの下流側に大きな駐車場と売店、ロープウェイ乗り場があり、上流側に遊覧船乗り場ともう片方のロープウェイ乗り場がある。
上流側までは、普通に階段で登っていけるので、運動がてら登っていくと、すばらしい紅葉!!
ず~っと暗いトンネルを通っていたのもあったが、観光客が多いのも納得の景色でした。
しか~し、ここまで来るにはそのトンネルを通るしかない、ってことは帰るにもまたそのトンネルを通るしかないわけです。
ただ、このトンネルには一箇所T字路があり、そこを曲がると奥只見湖の南側をくねくねと走る国道352号に抜けられます。
帰りは、そちら側に抜けて、尾瀬の北側へ抜けました。
この通りは、奥只見湖に沿ったブラインドカーブ続きの細い山道が10km以上続きます。
しかも、奥只見湖に流れ込む沢の水が何箇所も道路を横切っていました。
道路を横切る小川って感じですね。
この小川になっている部分は軽く段差っぽくなっていて、段差注意の標識がたくさんありました。
実は、ワシも一箇所段差で車の底を擦ってしまいました。(^^;
一応、こすったあとに車の底を覗いて軽くチェックしてみましたが、特に何かが漏れてたりもしていないようだったし、見てもよくわからんかったので、そのまま尾瀬へ向かいました。

尾瀬の入り口に着いたのは午後3時過ぎ。
山小屋っぽい建物と駐車場があり、ここからハイキング・登山コースが始まっているようでしたが、車を降りたら寒い寒い。
駐車場の端を見ると、所々雪が残っていました。
せっかくなのでと、ハイキングコースに出てみたら、こちらにも所々雪が。
500mくらい歩いて、ちょこっと尾瀬っぽい景色を見て、すぐに引き返して車に乗り込みました。
いや~、伊達に標高1500mの山の中じゃないってことですな。(^^;

ここからは、基本的に水戸までの帰路となりましたが、途中の道の駅でお土産にりんごを買い、その後那須塩原あたりで大渋滞に。
おまけに、その渋滞中に車の燃料ランプ点灯。
どうにかこうにかガソリンスタンドを見つけて10リットルほど給油し、最悪の事態は回避しましたが、いや~、焦った焦った。
渋滞中にガス欠なんて最悪だからね~。(^^;
途中栃木県内の餃子屋で餃子セットを食って腹ごしらえ。
お土産用の餃子も買って、そこからはノンストップで水戸に戻ってきました。

今回の走行距離は約650km、燃費は18km/ℓくらい。
距離的には、以前の山形・宮城方面に行ったときのほうが長かったのですが、そのときは2泊3日、今回は1泊2日。
1日の走行距離では、今回のほうが長かったかな~と。
イメージ的には、寝るときと食べるとき意外は8~9割の時間が車の中だった気がします。
そろそろ、ドライブをメインとしない旅行にも行きたくなってきた気もしますね~。(^^;

| | Comments (149) | TrackBack (0)

とりあえず新潟に来てみた

また連休ってことで、なんとなくドライブを決行。
今までは、基本的に関東近辺と東北方面だったので、今回は日本海側を目指すと決めて新潟へ。
現在新潟の南魚沼の漫画喫茶からこれを書いております。
とりあえず、ここまでは午後3時前くらいに出て、10時過ぎに到着。
7~8時間かかってますな~。
休憩は、飲み物買ったのと、夕飯食ったのくらいだ。
ロングドライブも、もう慣れたもんだな~。(笑)


ただ、今回は普段以上に行き先を考えてない。
う~ん、これからどうしたものか。
とりあえず日本海を目指すか、また滝でも探して見に行くか。
ま~、いきあたりばったりで楽しもう。(笑)

| | Comments (455) | TrackBack (0)

今度は群馬にドライブ

最近の更新が、モンハンメインからドライブメインになってきたこともあり、更新ペースが落ちてますな~。
そんなけえ、この3連休の前半2日を使って群馬方面へドライブ。
今回は、夜メインでなく、昼間メインで移動した。
というか、土曜の午後に用事があったのだが、車に乗って目的地へ向かう途中で用事がキャンセルに。
そんなわけで、そのまま群馬まで行くことに。(笑)

場所が群馬ってこともあり、夜に走ることもなく、夕方ごろに、最初の経由地伊勢崎へ到着。
ここで、軽く時間をつぶして夕飯。
こっそり漫画喫茶の駐車場に車を停め、そのそばにあった焼肉屋へ突入。
今まで、ドライブのときはお酒が飲めなかったのだが、夕飯後にその漫画喫茶に落ち着くことにしたので、焼肉屋でおいしくビールをいただいた。

夕飯後、漫画喫茶で翌日の具体的な行き先を検討。
ここで、以前、群馬に社員旅行に行ったときに、バスガイドさんに聞いた上毛三山という言葉を思い出した。
上毛とは、上毛野の略語で、群馬の旧地名、上野国のことで、群馬を代表する赤城山・榛名山・妙義山の3つの山を総称して上毛三山というらしい。
この中から、わりと近い赤城山近辺で紅葉狩りとしゃれこむことに。

漫画喫茶では、以前から気になっていたマージャン漫画「咲 Saki」の1~3巻を読んだりして時間をつぶし、その後適当にネット巡回して就寝。
そして、翌朝7時くらい漫画喫茶を後にして、赤城山方面へ。
行き先は、ネットで調べた、日本の滝百選にも選ばれている吹割の滝。
結構朝も早い時間だというのに、結構な車の量で、所々渋滞もあり、気持ちいいドライブには程遠い状態でしたが、滝自体はなかなか良い風情でございました。

実は、この吹割の滝のすぐそばに鱒飛の滝という滝もあり、一度に2つの滝が見られてちょっとお得な感じ。
見事な紅葉の中、豪快に流れ落ちる滝を見るというのはなんとも気持ちいいもの。
そんなわけで、近場だし、この秋のうちに茨城の袋田の滝にも行こうかな~、なんて思ったり、思わなかったり...。

雄大な滝の眺めを楽しんだ後は、お約束の道の駅めぐり。
前日風呂に入ってなかったのと、朝ごはんを食べてなかったこともあり、レストランと温泉施設がある近くの道の駅「白沢」へ。
白沢へ到着したら、なんとも嬉しいことに、「収穫祭」とかいうイベントをやっていた。イベント自体はそれほど大きいものではなかったが、地元のきのこを使ったキノコ汁を無料で配っていたので、ありがたくいただいた。
うん、うまい。
採れたてキノコの出汁と、地元の手作り味噌で、なんともホッとする味。
こっそり2杯いただいたのは秘密です。(笑)

とりあえず、地元農家の採れたて野菜等をお土産に買って車に積んだら、道の駅の付帯施設である白沢高原温泉「望郷の湯」へ。
効能とかぜんぜん見なかったけど、浸かっていると肌が軽くぬるっとする感じから、おそらく軽いアルカリ泉かと。
ここで、ジェットバス施設と露天風呂に入ってさっぱりしたら、次はご飯ご飯。

山に行くと、なぜか蕎麦が食いたくなる。
たいてい山の方って、蕎麦の産地だったりすることが多い気がして、どうもそれが刷り込まれているみたい。
注文したのは「とろろざる蕎麦」
普通のとろろざる蕎麦に、とろろ芋の磯辺上げも付いて890円。
なんだか得した気分。(笑)
しかし、とろろは美味かったんだが、蕎麦自体の味は、ま~わりと普通でした。(^^;

次に向かったのは、白沢から一番近かった道の駅「田園プラザ川場」
しか~し、到着したのは良いが、駐車場が満車で、警備員に止められてしまった。
実は、この道の駅「田園プラザ川場」は、関東好きな道の駅4年連続第一位となった場所らしく、おまけに、この日はレトロミーティングとかいうイベントを実施中。
どうやら、クラシックカーコンテストやらクラシックカー村内パレードやらが行われていたようだ。
かなり興味はあったんだが、車を停める場所が見つからず断念。

続いて、赤城山山頂部にある大沼・小沼(おの・この)を見に。
程なくして、大沼のほとりにある神社に到着したのだが、なんだかものすごい人出。
さすが3連休と思ったら、それだけではなかったようだ。
実は、ここで「赤城神社秋祭」が行われていて、奉納神事として流鏑馬・拔刀術・火縄鉄砲術・郷土芸能などがあるようだ。
気にはなったが、時間的にいつあるのか分かんないので、軽くお参りをした後、小沼へ向かう。

ここまでもいろは坂みたいな山道だったが、小沼方面は更に道が細くなり、なかなかスリリング。
小沼周辺もかなりの人出で、車を停める場所がなかなか見つからなかったが、500mくらい離れた場所になんとか車を停め、歩いて沼のほとりへ。
大沼は普通に青っぽい水の色だったのだが、小沼は少し緑がかった感じ。
小沼ってだけあって、大きさ自体はこじんまりとした感じでした。
私の住む水戸の中心部にある湖「千波湖」よりも小さく感じたので、全周1~2kmってとこでしょうか?
ま~、ハイキングに来たわけでもないので、ここでもざっと周囲の様子を眺め、次の目的地へ。

次なる目的地は、道の駅「ぐりーんふらわー牧場・大胡」
道の駅で、牧場ってのに惹かれたのだが、とりあえずお約束でソフトクリームを食べて、そそくさと退散。
どうも、子供向けの公園ぽくなっているが、今の自分には特に興味を惹くものはありませんでした。(^^;
一番楽しかったのが、道の駅大胡までの山道ドライブでしたよ。(笑)

この後、国道50号へ抜けて、お手洗い休憩を2箇所くらい取って帰宅。
今回のドライブは、400kmくらいかな~。
3連休の昼間のドライブってことで、渋滞等も多く、燃費的には17km/ℓくらい。
やっぱり、平日夜ほどは燃費が延びませんね~。

| | Comments (132) | TrackBack (0)

南東北気まぐれドライブ2

旅行二日目、まずは山形市内の漫画喫茶のPCで、次の行き先を探した。
なんとなく山形と言えば米沢牛とか思って、道の駅で米沢牛が食えそうな場所を探したところ、月山と寒河江の道の駅のレストランで米沢牛ステーキの表記を発見。
まずは寒河江を目指したが、寒河江に着いたときにはまだ8時くらいで、レストランがやってない。
しょうがないので、そのまま月山まで足を伸ばし、その時点で9時。
9時からレストランがやっているみたいなことが書いてあったと思ったのだが、着いて確認したら10時からとのこと。(^^;
諦めて、適当に道の駅の施設を見て周り、寒河江に戻ることに。

途中、寒河江ダムのダム湖「月山湖」の展望ポイントでちょろっと休み、そのまま寒河江まで国道112号で戻る。
それなりに楽しい峠道だったが、ところどころ工事で交互通行になっていて、微妙に気持ちよく走れなかった。(^^;
寒河江に着いたときには12時くらい。
よし、これで米沢牛!!、と思ったら、メニューに無いじゃないか!!
後ろ髪を引かれつつも、諦めて米沢市方面へ行くことに。
で、適当に米沢牛の表記がある店に入ろうかと。

で、よねおりかんこうセンターというところで米沢牛のレストランを発見。
120gのステーキランチが4800円、高い~~。(^^;
それでも意を決して注文してみた。
焼き方を聞かれたので、ミディアムレアで注文。
しばらく待って目の前に置かれたステーキを切り分けて一口...、うっ、ウェルダン。(^^;
さすがにこれはどうかと思って店員に言ったところ、すぐに焼きなおしますとの返事。
とりあえず焼きなおしてもらったステーキを食べたのだが、4800円はちょっと高い、ってくらいの味でした。
というか、なんだかとても薄い。(^^;
油の味自体は値段なりの良い味だったんだけど、大きさは多少小さくなっても、もう少し分厚く切ってくれないと寂しい感じでした。
ま~、ドライブインみたいなとこで食べたのが失敗だったかな。

そこからは、とりあえず宮城県、仙台方面へ行くことに。
途中七ヶ宿の道の駅、七ヶ宿ビューランドを経由して、仙台に到着。
ここで、仙台といえば牛タンということで、有名店「利久」で厚切り牛タン定食を注文。
これは美味かった、うん、かな~り美味かった。
牛タンなんで、柔らかい中にもなんともいえない歯ごたえがあり、食べ応えも十分。
米沢牛がハズレだった分は、これで取り返したな~と。
この後、一度道の駅「おおさと」へ行ってみたが、丁度時間的に店舗がしまる時間で、特に面白いものも無く、疲れたので軽く仮眠を取る。

そこから、また仙台市内の漫画喫茶へ向かう。
前日、山形で泊まった「自遊空間」って店で、ナイトパック9時間で1200円。
いいよね~、漫画喫茶、寝るだけならこれで十分だ。

一泊して、朝一で宮城県内の滝めぐりに方針を決定。
日本の滝百選に選ばれている、秋保大滝と三階の滝へ行くことに。
特に、秋保大滝は日本三大瀑布にも数えられているとのこと。
観瀑台からの景色は圧巻でした。
ただ、ちょっと天気が微妙で、小雨が降ったり止んだりで、平日ってことでお店も閉まっていたしで、寂しかったというかなんと言うか。(^^;

続いて三階の滝を見に蔵王方面へ。
向かう途中で、青根温泉近辺を通ったところ、共同浴場を発見。
汚い話だが、前日、前々日に風呂に入っていなかったので、さすがに耐え切れず、近くの売店で石鹸を買って温泉入浴。
朝も早くから近所のおじちゃんたちが入浴中でしたが、お湯自体はとても気持ちがよかったっすよ。

その後、峠道をぐりぐり登っていくと、三階の滝展望台発見。
ここは、三階の滝と一緒に、不動滝ってのも見える絶好のポイントらしい。
どちらも規模は結構でかいんだが、反対側の山から滝を見る感じなんで、ちょっと遠い。
不動滝だけを見るなら、さらに登って不動滝の展望台に行くのがいいとのことで登って行ったのだが、ここで霧が発生。
うっ、何も見えない。(^^;

そうそうに諦めて、さらに上に登って、蔵王のお釜っていうカルデラ湖を見に行くことにした。
しか~し、登っても登っても霧は濃くなるばかり。
お釜の展望台まで続く有料道路の入り口で、そこの料金所のおじさんに上の様子を聞いたところ、「う~ん、上でも見えないだろうね」とのこと。
料金を払うのも馬鹿らしいので、そのまま降りることに。(^^;

麓のドライブインで牛タンラーメンを食べる。
このラーメンに入った牛タンは、茹で牛タンらしく、なんともやわらか~くなっていて、これはこれで美味しかったんだけど、ラーメン自体はふつ~~な味。
なんとなく、このドライブインでお土産用の牛タンを買って、帰路へ。

帰る途中に、遠刈田(とおがった)温泉とかいう、面白い名前の温泉街を発見。
ここでも「神の湯」とかいうたいそうな名前の共同浴場があったのだが、あまりゆっくり入る気もおきず、軽く足湯につかるだけにした。
その後、6号国道沿いの道の駅、相馬、南相馬、楢葉を経由して帰る。
道の駅では、休憩とお土産物を見て、水戸に着くころにはもう午後9時。
ここまで主に肉系の食べ物ばっかりだったんだけど、締めってことで焼肉屋へ。
久しぶりに一人で焼肉屋ってことで、これはこれで贅沢。

家に着いたのは10時過ぎ。
走行距離は、ちゃんと確認してないけど、6~700kmってとこか。
燃費系は、18km/ℓを指していました。

宮城、山形って、以外に近いな~と感じました。
今度はどこに行こうかね~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

南東北気まぐれドライブ

今月いっぱいまでの長期休暇を貰えたので、ただいま恒例のドライブを敢行中。
まずは、自宅から車で10分ほどのところにあるラーメン屋で腹ごしらえ。
水戸の老舗ラーメン屋「すずき」って店。
ここは、やたらとレトロ、というか昭和のにおいのするラーメン屋で、メニューは、ラーメン250円、ラーメン大盛り300円、チャーシュー麺380円、チャーシュー麺大盛り430円の4つしかない。
昼過ぎには大抵チャーシュー麺が売切れてしまうが、今日は11:30くらいに入れたので、晴れてチャーシュー麺大盛りにありつけた。

そこから、一路茨城県最高峰八溝山の山頂を目指す。
車で直接山頂までいけるのですが、山頂まで続くはずのいくつかの道が通行止めになっているので、唯一山頂まで続いている八溝林道を通ることに。
林道というだけあって、舗装はされているもののとても細い道がくねくねと続いている。
道の両側からは雑草が車の側面を容赦なくたたく。
新車だしちょっと~、と思いながらも気にせず山頂へ。
そこで、なんだか和風の城のような形の展望台に、100円払って上る。
けっこう日差しが強く暑い日だったが、風がとても心地よい。
周囲360度見渡せ、天気と大気の状態がよければ筑波山や日光連山、富士山まで見えるようだ。

この近辺は、八溝五水という日本の名水百選にも選ばれた湧水が5箇所あるのだが、ちょうどくる途中に買った500mlのペットボトルの水を飲みきり、代わりに八溝五水の一つ銀性水を汲んで車に戻ってきた。
そこからは、林道を栃木方面に下り、福島は猪苗代を目指した。
途中いくつかの道の駅にも寄り、猪苗代に着いたときにはもう夜の8時。
猪苗代湖畔で軽く休憩し、お腹もすいてきたので喜多方方面へラーメンを食べに行く。
う~ん、昼も夜もラーメンなんて、なんてラーメン好きなんだろ、俺って。(^^;
有名な坂内食堂を目指したのだが、着いたときにはすでに閉店していたため、そこまで行く途中で見かけた別のラーメン屋へ。
ここでは、炙り豚チャーシュー麺に、ミニチャーハン、餃子を注文。
昼に続いて、またもやチャーシュー麺ですよ、ワシってば。(^^;

当初、ここから仙台方面に行こうかとも思っていたんだけど、ほんの40kmほどで山形県米沢市に行けるようなので、なんとなくふらふらと米沢をめざしたが、その時点でまだ10時くらい。
もののついでで、そのまま山形市まで脚を伸ばす。
一度山形駅を拝んで、車中泊を回避すべく、山形市内の漫画喫茶を探す。
ただいま、その漫画喫茶からこの記事を書いています。

さて、明日はどこへ行こうかな。
せっかく山形に来たので、本場の米沢牛でも食べてみるか?
それとも、ここからまた仙台方面を目指すか。
いっそ秋田や新潟まで行くか?
ま~、明日の朝また考えよう。(笑)

| | Comments (33) | TrackBack (0)

那須へぶらり旅

またまた行ってきました、愛車のホンダAIRWAVEでぶらり旅。
土曜の夜のJ2水戸vs広島の試合後、リアルモンハン集会所で軽くクエをこなし、夜中の2時ごろ出発です。
今回は、モンハン集会が終わったあとにメンバーの一人に「近場でお勧めのドライブスポット無い?」と聞いたところ、「栃木方面にでも行けば?」との回答を頂いたので、言われた通りR118からR293、R294あたりを通って那須を目指しました。
めぼしい那須の観光地名がぱっと浮かばなかったので、ナビには「那須ハイランドパーク」をセット。

まずは最近良くお世話になっているR349へ抜け、県道63を経由してR118へ。
しとしとと雨が降る中、安全運転を心がけつつR293へ抜け、まずは道の駅ばとうで休憩。

さらにR294と予定通りに進み、県道34、県道369と経由して、小腹が空いたので近くにあったマックでビッグマックセットを買い込み、食べるのに丁度よさそうな場所を探していると、ちょうどありました、道の駅明治の森・黒磯。
さっくりビッグマックセットを食べたのはいいが、お腹が膨れて眠くなったので、このまま愛車の後部座席を半分倒して布団を敷いて仮眠。
この時点で確か5時くらい。
AIRWAVEは、後部座席の背もたれを前に倒すと、後ろの荷室から180cmほどのフラットスペースが作れるのです。
背もたれも6:4の分割可倒式なんで、片側だけ倒して布団を敷き、反対側を普通の座席、もしくは荷物スペースに利用可能。
今は、片側を倒してフラットにし、反対側は座席面を上に跳ね上げてゴルフバックを立てかけています。
ちなみに、座席面を上に跳ね上げると125cmの高さの荷物スペースが出来ます。
いや~、便利です。(^^;

9時ごろまで仮眠を取っていると、丁度道の駅で開店準備が始まっていました。
道の駅お約束の産直野菜なんかを見ていましたが、なんとなく今買ってしまうのもためらわれたため、まずはスルー。
県道369から県道266を通り、那須ハイランドパーク入り口まで到着。

とは言え、ここでやることも特に無いので、なんとなく那須岳山頂方面を走っていたのですが、気が付くと目の前に有料道路が...。
わざわざ金を払うのもしゃくなので、その辺に丁度あった観光スポット「殺生石」を見に行くことに。
ここは、「九尾の狐」にまつわる伝説上の名所旧跡で、狐の化身した大きな岩が今もなお、退治された恨みを抱いて毒気を吐いているとのこと。
周囲からは凄い硫黄の臭い。
それもそのはず、ここはちょうど那須湯本温泉郷ということで、湯の花なんかも取っているとのことでした。

ここで、ちょっと雨足が強くなってきたので、そそくさと車に乗り込み、次の目的地を探すことに。
そういや、栃木へのドライブを勧めてくれた友人が「牧場でも言ってアイスでも食ってきたら?」とか言っていたのを思い出しました。
よし、那須といえば、りんどうこファミリー牧場だ!!
ってことで、ナビにセットして適当に走っていると、腸詰屋なるソーセージ屋を発見。
ちょいっと覗いて軽く試食をしてから、お土産用のソーセージをゲット。
これで家族にも文句を言われずにすむってもんだ。(笑)
県道17(那須街道)、県道21、県道68と経由してファミリー牧場へ到着。
なんだか45周年記念だとかでイベントをやっているようだが、これまた入場料が馬鹿らしくなり、とりあえず外にあった売店でうまそうな牛乳を買って立ち飲み。
うん、うまい、やっぱりコクが違うぜ。

ってことで、アイスではなかったが、牧場の牛乳を飲んで景気付けして、そのままなんとなく帰路へ。
と思ってまた那須街道を走っていたら、道の駅那須高原友愛の森を発見。
なんだかやたらでかい道の駅だ。
またまたふら~りと売店等を見て回るも、お土産としての決定打にかけたため、軽く休憩して、なんとなく近場の道の駅を検索すると、ありました、道の駅東山道伊王野。
県道178からR294を通って道の駅に到着。
そこで、地元の豚肉と韮を使っていて、焼き立てを食わせてくれるとの触れ込みが気になった餃子を注文。
ここでハプニング。
5分程でフライパンで焼きあがったはずの餃子。
本来なら、ここで余った水を捨てて、パックに入れて出してくれるようなのだが、なんと水といっしょに餃子までもが流しに流れてしまうところを目の前で見てしまった。(笑)
店員さんの「お待ちいただいているところすみませんが、あと5分程お待ちいただけますか?」と照れながら話してくれたのを、苦笑しながらOKを出し、更に5分待って食べた餃子は、なかなかの味でしたよ。(笑)

ほんとはここから、以前夜中に一度通った花園渓谷を、昼間に走ってみようと思っていたのですが、ナビの地図を見ていてなんとなく茨城県最高峰の「八溝山」に行き先を変更。
県道60、県道377と通って八溝山へ向かっていたのだが、そこでなにやら看板を発見。
「この先前面通行止め」
うわ~~、まじかよ~~~!!(^^;
その看板にあった地図を見ていたら、わりとここから近いところに「山本不動尊」なる場所があることが判明。
まずは、そこにナビをセットしてレッツゴー。
県道60、R118、県道231と通り、山本不動尊へ到着。
ここは、弘法大師が 東北行脚の途中ここに護摩壇を築き、 八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したのが 始まりという由緒正しい場所とのこと。
宮川という川沿いの渓谷にあり、キャンプ場なんかが近くにあるようだ。
神社とか寺を見てるよりは、川とか山と見てたほうが楽しいワシは、そのまま山道を川沿いに歩くことに。
すると、ひびくらの滝(1.0km)と書かれた看板を発見。
よ~し、これを見て帰ろう、ってことで歩いていたのはいいのだが、最近の雨続きで、山道がどろどろでめっちゃ歩きにくい。
川沿いなんで、景色はいいのだが、見とれているといつ足を取られるか分かったもんじゃないんで、気をつけて歩いていたのだが、20分ほど歩いても滝が見えない。
なぜだ~~~!!
もしや道でも間違えたか?それとも単に歩くのが遅かっただけ?
なんにしても、回りに人もいない山の中、いつまた雨が降ってくるかも分からないどろどろの山道をこれ以上歩く気力が無くなり、すごすごと引き返すことに。(^^;
ちなみに、ここの滝の水の透明度はとんでもないようです。
http://geiei.exblog.jp/4623167/
直接見られなかったのが、非常に残念です。

ま~、そんなことにはめげずに、駐車場近くの売店で、炭火で焼き立てのつくねを買い食いし、続いて向かったのは大子のオートキャンプ場。
ここを見て、入場:無料の表記が気になったので、一度見てみようと思って行ったのだが、なんだか入り口にゲートがあり、チケットが必要との看板が。(^^;
しょうがないので、大子広域公園内にある別の施設をちょっと見に行ってみた。
覗いてみたのはここ
なかなか良さげな施設だったけど、入場料1200円というのを見て、これまた覗くだけ覗いて、自販機でお茶だけ買ってまたまた次の目的地へ。

次の目的地は、以前の深夜ドライブで車中泊した際に車を停めた道の駅奥久慈だいご
ここで最後にお土産を買っていこうと思ったのだが、これまたこれだって土産物が見つからず、トイレ休憩だけ済ませて、何度か行っている袋田の滝へ寄ることに。
いつもは、あまり人がいないときにしか行ってなかったのだが、夏休み最後の日曜だし、それなりに人もいて盛り上がってるかな~?とか思いつつ向かって見た。
ところがところが、なんだか以前行ったときと同じくらい閑散としている。
なぜだ~、と思ったが、どうやら9月中旬に新しい観瀑台ができるとのこと。
ってことは今は工事中なのかな~?
んで、これまた駐車場代やなんやらがもったいないので、近くまで行ったのだが、結局滝は見ずに、適当に美味そうな店で蕎麦だけ食って退散。(笑)

ここで、時間的にも17時過ぎくらいとなり、R118からR349を経由して家に戻ったのが18時過ぎ。
今回の走行距離、約350km、燃費がリッター約17km。
交通費、約3500円。
ま~、かかった金額分は十分に楽しんだかな~。(^^;

どうでもいいけど、今回の日記長いよ、わしもだらだらとどんだけ書いてんだと。
ここまで読んでくださった皆様、どうもお疲れ様でした。(^^;


今回の感想
やっぱり山道を走るなら昼間の方が楽しい!!(^^;

| | Comments (9) | TrackBack (0)

無駄遣い

ファミ通パンツを作ってみた。
念願の縞々だ。
で、こいつを使ってなんかコーディネイトしようかとあれこれ着替えたり防具を買ったりしていたんだが、見た目だけで防具を選ぶとさすがにスキルがまったく発動せず使い物にならない。(^^;
しょうがなく、それなりにスキルが発動する組み合わせを考えているうちにできたのが以下の組み合わせ。

頭 三眼のピアス     光避珠、回避珠
胴 ナルガXメイル(赤)  跳躍珠x2
腕 メルホアZラーマ(赤) 光避珠
腰 メルホアZオッハ(赤) 跳躍珠、回避珠
脚 ファミ通パンツS(赤) 光避珠

防御力が465しかないので、とりあえず回避系スキルに絞り発動。
後は自分の腕次第。(笑)

最近は、初心者倶楽部用にハンマーを強化中。
現在のラインナップ
近衛隊機械鎚【撃鉄】(攻1248 火540 白 0% oo-)
ロイヤルロブスタンプ(攻1144 水350 青 0% oo-)
雷鎚フルフル(攻1456 雷250 白 0% o--)
スーパーノヴァ(攻1352 雷450 白 0% oo-)
ヒュペル=ダオラ(攻1300 氷450 白 15% ---)
大龍壊棍(攻1248 龍450 白 0% ---)
マグニチュード(攻1612 白 -15% o--)

こうやって見ていくと、雷属性の充実度に比べ、水属性が弱い。
そんなわけで、水属性のそこそこ強そうなアメザリ系ハンマーを作ることに。
しかし、これがまたアメザリの甲殻なんてものが必要で、この素材はアメザリ系クエでしか出ない。
現在アメザリハンマー改まで作ったが、次のアメザリインパクトのためには、アメザリの甲殻x6、エビの大殻x2が必要。
うわ~、エビの大殻かよ。
わしの天敵ガノトトスを狩るんですね、はい、そうですね?

ってな具合で、とってもやる気が削がれたところで、気分転換。(^^;
またまた深夜のドライブ!!
昼間にガソリン満タンにしたし、どこまでも突き進め~~。
まずは国道118号を北上して福島を目指した。
とりあえず、茨城との県境で知っていた地名ってことで、第一チェックポイントは矢祭駅に決定。
なぜに知っていたかって、矢祭って地名は、うちの高校を卒業した人間ならおそらく誰でも知っている。
うちの高校には、一晩かけて70kmくらいの距離をみんなで歩く、歩く会ってイベントが年に一回あり、そのコースが3種類ある。
3年間で、その3コースを一通り歩くことになるのだが、その中の一つに矢祭山コースってのがあるのだ。

ま~、そんなわけで無事に矢祭駅を通過し、そのままなんとなく北上。
水郡線の近津駅付近で、国道289号を右折。
これでおそらく東方面へ行けるだろうと当たりをつけ、そのまま東へ向かったのだが、これがとんでもない山道。
途中砂利道まで現れ、うわ~~、これ国道かよ~~~、と泣きながら走行。
というか、もしかしたら、ワシ途中で道間違って国道からそれてたのかもしれない。(^^;

そんなこんながありつつも、なんとか海沿いの国道6号までたどり着き、そこから南下。
このまま南下して帰るか~、とも思ったが、そのルートは以前も深夜ドライブで通ったことがあり、なんとなく悔しいので、適当なところでまた西方面に抜け、国道349号で帰ろうかとなんとなく決定。
常磐線の大津港駅を過ぎたあたりから、適当に右折し、西方面へ。
しかし、その道はそのまま西に向かっているのかと思いきや、ナビで見るとどうもそのまま左方向にカーブして、6号方面に戻ってしまいそうな作り。
戻るのはいやなんで、途中で右折しなんとか西方面へのルートを辿ったのだが、これがまた大誤算。
気が付いたらとんでもない山道へ。
花園渓谷って、なんだか優しそうな名前の渓谷を抜けていく道なのだが、いやはや、普通に狭い山道ですよ。

当然のようにやたら曲がりくねっていて、道も細いため時速30km程での走行を余儀なくされました。
途中、大自然に囲まれた山の中で雉射ち休憩を取り、どうにかこうにか那倉あたりで国道349号に合流。
そこからは、ま~それなりの山道もありましたが、矢祭付近で一度国道118号に合流し、また分かれて349をひたすら南下し、うちにたどり着いたのでした。

走行距離300km、走行時間5時間半の、結構過酷なドライブになってしまった。(^^;
気が付くと、満タンだったガソリンもすでに半分。
せめて、道がどうつながっているのかはある程度確認しながら走らないと危険ですな~。(笑)

| | Comments (205) | TrackBack (0)

突発性ドライブ症候群発症

ふと思い立った。
「夜の海を見に行こう!!」
思ったのが夜中の2時。
とりあえず、最近の深夜ドライブでまだ行ったことが無い方面へ。
よし、鹿島方面へ。

とりあえず、水戸の自宅から適当に国道6号に出て南下。
少し走って茨城町から鉾田方面へ抜け、国道51号にぶつかったその先が丁度大竹海岸だった。

ひとまずここで車を降りて海岸まで出てみた。
最初は暗さに目が慣れず、何も見えなかったが、そのうち波の音とともに白い波しぶきが見えるようになった。
海に向かって左の方を見ると、町の灯が見える。
あそこはどこだろう?大洗?
まぁ、そんなことをしていたのも5~10分くらい。
丁度その辺にあった公衆トイレに行って、車に戻ってもまだ1時間もたっていない。
うん、千葉へ行こう!!(笑)

国道51号に戻り、そのまま更に南下。
良いペースで走っていると、道の駅「いたこ」の看板を発見。
なんとなく寄ってみる。
時間が時間なので店などはまったくやっていなかったが、「ラーメン缶あります!」のノボリを発見。
小腹も減ったし、ちょいと食べてみるかと自販機に近づくと、ラーメン缶と並んでパスタ缶も発見。
ついついそちらを購入。
トマト系のスープがなかなか良い味。
申し訳程度にベーコンとマッシュルームも入っていたが、後になって考えると、これで300円は高いな~と。(^^;

休憩も終り、そのまま更に南下。
看板に「成田」の文字があるのに気が付き、「うん、成田だ、成田にしよう」ってことで、一路成田へ。
程なく成田へ到着するも、時間が時間なだけに、飛行機も飛んでない。(^^;
つまらんな~と思いながらも、なんとなく「ホテル日航成田」の看板を拝みつつ、水戸への帰路へ。

折り返して国道51号を北上。
帰りに24時間マックがあったので、100円バーガーでも食いつつ一休みしようと入るも、ぎりぎりでモーニングの時間になっていた。(5時かららしい)
マフィンの油がちょっと胃に重たそうなので、結局何も買わずにそのまま車に戻り、自宅へ向かって走るも、これまた急に「せっかくだから、朝の海も拝んでいこう!」と思い、往きに寄った大竹海岸へ。

朝の6時だというのに、既に車が何台か止まっている。
海の家は丁度準備が始まったくらいのようだ。
考えてみれば、世の中の学生達は夏休みだ。
暇を持て余した学生っぽい連中と、子供にせがまれてしょうがなく来た家族連れが、駐車場開門前の路上でたむろしていた。
わしはまた、5分くらい朝の海をボ~~~ッと眺めて車へ。

さすがに疲れたので、そこからはどこにも寄らず家に向かって、着いたのがついさっき。
いや~、ガソリン代も高いこのご時世に、俺も馬鹿だよな~と思いつつ、忘れないうちにブログへアップしておこう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)